第34回 日本母乳哺育学会学術集会で講演させていただきました

2019年9月14日(土)~15日(日)開催の第34回 日本母乳哺育学会学術集会にて、 NPO法人ラ・レーチェ・リーグ日本が、講演をさせていただく機会がありました。

<講演内容>
9月14日:
シンポジウム「母乳不足と母乳不足感をどう見極めるか、どう対処するか」

9月15日:
シンポジウム2「次世代へ母乳育児を伝えるアプローチ」

シンポジウム2では、 母乳育児を支援する各団体の代表者が壇上に揃い、 赤ちゃんとお母さんを大切に考え、その母乳育児を支えるために社会を変えたいという共通の思いを持っていること、そしてそのために協力していくことを確認することができました。

(※他のシンポジストの皆さまにも写真の掲載許可をいただいています)


また、会場では、ラ・レーチェ・リーグの資料
「赤ちゃんと授乳について知りたいこといっぱい」
「深く吸わせるってどうやるの?」
「ストレスで母乳が出なくなる」って本当?」
「使いません「完全母乳(完母)」という言葉」
「コミュニケーションスキル学習会CST」
などを多部数置かせていただき、たくさんの方が手にとってお持ち帰りくださいました。
この機会に、たくさんのお母さんに情報が届きますよう、願っています。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com