授乳とインフルエンザ 無料リーフレットができました。

インフルエンザの話題を耳にすることが増えてきましたね。

授乳中のお母さんがインフルエンザにかかったとき、赤ちゃんに母乳をあげて大丈夫?と、心配になるかもしれません。

通常の場合、直接授乳を中断する必要はありません。もし親にインフルエンザ感染の疑いがある場合、例えば⼿洗いをよくして、ウイルス⾶沫防⽌のためのマスクを着⽤するなどの衛⽣⾯に配慮することをおすすめします。

⺟乳は、インフルエンザを含む多くの呼吸器疾患から⾚ちゃんを守ります。
⺟乳を介してインフルエンザが感染することはありません。
インフルエンザ治療薬のオセルタミビルは、⺟乳中にほとんど出ないので授乳することによる薬の副作⽤の⼼配はほとんどないとされています。

(ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル ニュース・リリース『インフルエンザから赤ちゃんを守るため、母乳育児を続けましょう』より)

この情報がリーフレットとなって、自由にダウンロードできるようになりました。

ニュース・リリース『インフルエンザから赤ちゃんを守るため、母乳育児を続けましょう』

(カラー版とモノクロ版があります)

お母さんの不安に対して、適切な情報が広く共有されますように。リンクのシェアや、リーフレットのダウンロード印刷配布を歓迎しています。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com